電気代が節約できる!LEDを使用した照明器具

LED照明の利点について

LED照明の最大の利点は消費電力が少ないため電気代がやすいことです。白熱電灯と比較した場合、電気代は約4分の1程度まで安くなります。他の利点としては、長寿命であることが挙げられます。通常の使い方をしていれば、約10年は持つとも言われているのです。10年間光源を取り替える必要がないため、その分コストが安くなります。

目に優しいのもメリット

LED照明器具は紫外線や赤外線を全く出しません。そのため、安全性が高い照明器具と言えます。紫外線を出さないため虫が寄ってきにくいという利点もあります。また、LED照明器具の場合は直流電流を使用するため、ちらつきもありません。読書などをしていても目が疲れないというメリットがあります。LED照明器具は発熱も少ないため夏にはエアコンの温度を控えめに設定することができ省エネにも貢献します。なお、LED照明は色温度などを自由に調整可能であるタイプの照明もあります。

LED照明器具を使用する場合はココに注意

LED照明器具を長時間高温の環境の中で使用すると、せっかくの利点である長寿命が損なわれてしまうことがありますので注意が必要です。また、強いてデメリットを挙げるとすると照明器具の価格本体が高価であることです。しかし、電気料金が安いことと長寿命であることを考慮すると十分元は取れる価格となっています。なお、最近の信号機はLEDが使用されることが多くなりましたが、LEDは発熱がないため信号機に積もった雪が溶けにくいという問題点も残っています。

LEDライトパネルとは、展示されている広告やポスターなどのデザインをより鮮明に表示するための内照式フレームのことです。