有名人になるためのツールとしてのSNSの捉え方

自分なりのやり方で発信する!

SNSは、有名人になるためのひとつの手段だといわれています。SNSについて解説されている記事を見ると、フォロワー数を増加させるためのさまざまなテクニックが紹介されていますが、SNSで有名人になりたいという気持ちがある方は、小手指のテクニックではなくSNSの本質を大切にするべきだと思います。人の数だけ存在するのがテクニックですし、仮にテクニックをマスターしたとしても、結局それは、成功者がやっていることを後追いしているだけです。有名人になるまでに時間はかかるかもしれませんが、最初から他人のテクニックに頼るのではなく、自分のやり方で試行錯誤を繰り返していくと、自分が発信したことを真摯に受け止めてくれるフォロワーがついてくれて、他の人には真似できない有名人になれるはずです。

好きなことを好きなように発信しよう!

またSNSを有名人になるためのツールではなくて、自分の好きなものを紹介する道具だと捉えると、良い方向に転ぶかもしれません。タイムラインに自分の好きなものがあふれていると、それを見た人は楽しい気分になるはずです。そして、好きなものを発信し続けることで、まずは自分が楽しまないと、その楽しさはフォロワーに届かないというSNSの本質にたどり着くと思います。テクニックにこだわらず、好きなことを更新し続けていると、同じものを好きなフォロワーがどんどん集まってきて、自分にとってストレスのない場所が確立されてきます。「有名人になろう」ではなく、最初は「好きなものを発信しよう」と考えましょう。そして、その発信を淡々と続けましょう。それがSNSで有名人になるための近道だと気づくはずです。

山本英俊はパチスロ機などを販売する会社の代表取締役会長をする傍ら、馬主業も行っており、娘も有名人として活躍しています。