切らなきゃ駄目!?手術が必要な包茎はどの包茎?

包茎には種類がある!

一口に包茎と言っても種類が存在しています。仮性包茎・真性包茎・カントン包茎の3種類があり、それぞれ症状も治療の必要性も異なるものです。

仮性包茎は手術しなくても良い

7割前後の人が仮性包茎であると言われていますが、仮性包茎は亀頭に包皮が被ってはいるものの、手で剥こうと思えば自由に剥ける状態です。仮性包茎は正常な状態と言っても良いものですが、不衛生になりやすいので清潔に保つ必要があります。コンプレックスがあったりする場合には手術をして包皮を取り除いてもいいですが、手術が必要な包茎というわけではありません。

真性包茎とカントン包茎は手術が必要

仮性包茎は手術の必要がありませんが、真性包茎とカントン包茎は手術が必要な包茎の種類です。真性包茎もカントン包茎も包皮の出口が狭かったり、包皮と亀頭が癒着してしまい亀頭を自由の露出させることが出来ない包茎です。特にカントン包茎は無理に亀頭を露出させてしまうとうっ血してしまい、最悪の場合壊死してしまうこともある包茎です。包茎の手術というと、男性誌などに広告が掲載されているクリニックで行い高額な費用が必要であるというイメージが強いですが、真性包茎とカントン包茎は手術を受ける際に保険が適用となります。ただし、保険に対応しているかどうかはクリニックによって異なりますので、費用を抑えたいという場合には保険に対応している泌尿器科などに相談する必要があります。仮性包茎はいかなる場合においても保険適用とならないので、美容整形に近いものと考えると良いのではないでしょうか。

包茎とはペニスの包皮で亀頭が露出しない・できない状態のことを指し、仮性・真性・カントン・埋没の4種類があります。